FEATURE

TheFace2009

天国社


野口 宣夫

天国社 社長

のぐち・のりお/熊本市出身、1947年9月19日生まれの62歳、NTTを退職後、天国社グループ入社。九州電電(NTT)同友会会員。㈱お花の太陽の社長も兼任、福岡商工会議所議員も務める。趣味はゴルフ

地域との共生とともに総合的な葬儀をプロデュース

「まだまだ行かない天国社」—ここ福岡では誰しもが聞き覚えのあるフレーズだろう。提携斎場も含め、福岡市内に7会館を展開する天国社グループは、地域とともに生きる総合葬祭企業だ。「会館は葬儀だけでなく、地域のコミュニティ施設としての役割を果たすことが重要」と力を込める野口社長の言葉通り、各会館では地域に密着した様々なイベントを催している。
核家族化が進み、地域のつながりも希薄となってきている近年では、葬儀も家族葬や若い世代の喪主が増加傾向にある。しかし、同社では決して古来より受け継がれてきた伝統的な葬儀の案内も怠らない。これは、「葬儀は一生に一度。結果的に略式化した葬儀を選ばれるとしても、知らずに後悔だけはしてもらいたくない。そして次の世代に葬儀のしきたりという日本の古き良き伝統文化を正しく伝えるのも大切なこと」という想いからきている。また、家族葬に関しても「家族葬=小規模な葬儀ではない。本来の家族葬とは参列者に気兼ねなく、遺族が故人に対する想いを注げるもの」と説明する。
さらに、見送る側と見送られる側の双方の想いを受け止め、同じものは2度とない“オンリーワン”のお見送りの実現のため、「葬儀の事前相談」を提唱している。08年11月には気軽に足を運んでもらえるよう、姪浜会館敷地内に「ご葬儀相談センター」を設置、交流拠点として賑わいを見せる。葬儀はもちろん、多くの役割を果たす同社は、「もしかの際の拠り所」であり「地域コミュニティ」として地域に欠かせない存在と言えるだろう。

DATA
所在地/〒814-0022 福岡市早良区原3-14-5
TEL/092-822-4949
設立/1987年6月
資本金/2000万円
事業内容/総合葬祭、生花の卸販売、法要の営み、仏壇・仏具の販売、葬祭業コンサルタント
従業員/50人
売上高/11億円

http://www.tengokusya.com

(ふくおか経済2009年11月号FACE)