FEATURE

TheFace2010

天国社


野口 宣夫

天国社 社長

のぐち・のりお/熊本市出身、1947年9月19日生まれの63歳、NTTを退職後、天国社グループ入社。九州電電(NTT)同友会会員。㈱お花の太陽の社長も兼任、福岡商工会議所議員も務める。趣味はゴルフ

オンリーワンのお見送りで天国社ブランド確立

「高齢化で葬儀業界の需要は増す。だが葬祭場増加や、核家族化による小規模葬儀へのシフトも進んでおり、安堵感はない。ニーズの変化を的確に捉え、どうすれば選んでもらえるか考えることが重要」と力を込める野口社長。
地域共生戦略を進める同社では現在、福岡市内に5会館を擁し、11年1月には西区に伊都会館をオープンする。そして一人ひとりの生涯を表現する“オンリーワン”のお見送りで天国社ブランドを確立している。「葬儀は人生の締めくくり。故人の思い出や残された功績を伝えることも葬儀の役割」と想いを語る。そのためには、スタッフが葬儀までの短時間で遺族から故人の軌跡を導くことができるかが鍵となる。だからこそ、7月からは野口社長自らが陣頭指揮を執り「どぎゃんかせんといかん会」を発足。週1回、各セクションの仕事内容やビジネスマナーの講習、チームワーク向上のためのバーベキューやバスハイクなどを実施し、人材育成に力を注ぐ。
さらに「あってはならないが、なくてはならない企業」として地域に貢献したいという想いから、地域コミュニティ形成にも取り組む。なかでも、一人暮らしの高齢者が集まる「ひまわりの会」では、食事会などのイベント開催はもちろん、電球の取り換えなど、会員が日常生活で困っていることを全面サポートする。この顧客や地域への心配りを大切にする事業展開こそが、同社が地域に愛され、必要とされる所以と言えるだろう。

DATA
所在地/〒814-0022 福岡市早良区原3-14-5
TEL/092-822-4949
設立/1987年6月
資本金/2000万円
事業内容/総合葬祭、生花の卸販売、法要の営み、仏壇・仏具の販売、葬祭業コンサルタント
従業員/50人
売上高/11億円
拠点/福岡会館、姪浜会館、油山会館、春日会館、ファミリーホール田村会館

http://www.tengokusya.com

(ふくおか経済2010年11月号FACE)