FEATURE

TheFace2012

天国社


野口 宣夫

天国社 社長

のぐち・のりお/熊本市出身、1947年9月19日生まれの65歳、NTTを退職後、天国社グループ入社。九州電電(NTT)同友会会員。㈱お花の太陽の社長も兼任、福岡商工会議所議員も務める。趣味はゴルフ

地域とともに歩んで25周年

福岡市近郊を中心に地域共生型の葬祭業として5会館を展開する天国社グループ。今年25周年を迎え、「葬祭業はあってはならないが、なくてはならない。半公共的な仕事だからこそ地域の方々の理解が不可欠になる。地域とともに歩んできた25年」と野口社長は振り返る。
数ある福岡の葬儀社の中でも、代表的な企業として知られる天国社。同社では会館でフリーマーケットやクリスマスパーティーを開催、各町内会の夏祭りへの協賛、運動会への協力、精霊送りの御供え預かりなど、地域と一体になった活動を進め、地域コミュニティとしての役割を果たす。「時代とともに核家族化が進み、地域コミュニケーションも希薄化してきた。当社に地域の方々が集まり、交流できる場所として活用してもらいたい」と説明する。
また、葬儀の施行だけでなく、「葬儀の前後に何ができるか」という点にも重きを置き、葬儀前の相談や葬儀後に残された方のお世話まで、さまざまな角度からサポートできる体制の構築を目指す。その一環として、関連会社で無農薬、低農薬の食材や天然無垢材を使用した完全木造のデイサービス「いやしの里」(早良区)を開設。地域に求められ、ともに歩んでいく天国社として新たな一歩を踏み出している。

DATA
所在地/〒814-0022 福岡市早良区原3-14-5
TEL/092-822-4949
設立/1987年6月
資本金/2,000万円
事業内容/総合葬祭、生花の卸販売、法要の営み、仏壇・仏具の販売、葬祭業コンサルタント
従業員/50人
売上高/13億円
拠点/福岡会館、姪浜会館、油山会館、春日会館、伊都会館
www.tengokusya.com

(ふくおか経済 2012年11月号FACE)