FEATURE

TheFace 2018

クックチャムプラスシー


竹下 啓介

㈱クックチャムプラスシー 社長

たけした・けいすけ/愛媛県出身。1974年7月24日生まれの44歳。法政大学卒。2011年12月にグループ分割に伴い社長就任。福岡在住13年目。趣味は食べ歩き

献立提案で「おかず屋から食卓屋へ」

2017年からスタートした新3カ年経営計画2期目のコンセプトは、献立提案による「おかず屋から食卓屋へ」。共働き家庭の増加や時短といった時代のニーズに合わせて、美味しさはもちろん食育の知識を活用した栄養バランスの良い食事を提供する。「私達の事業はお母さんの代行業。だからこそ、美味しい、楽しい、健康という食卓の3要素が不可欠になる」と竹下社長。
また、献立提案の進化系として、ワンプレートに主菜・副菜など複数の総菜を組み合わせた新商品「ディナープレート」を考案。中尾店のミニセントラルキッチン「チャムデリ」で製造することで、一括調理の強みを生かした手間のかかる料理にも対応できる。これによりメニューの幅もさらに拡大するなど、「おかずを選ぶ楽しみ」と「効率的な食事」という両極のニーズに応えていく。
11月からは食育を目的として福岡愛宕神社のマスコット「ほおずきんちゃん」と「やさしい出汁パック」のコラボレーション商品を発売。子どもの舌が味を感じる力は大人の2倍近いと言われており、食塩や化学調味料不使用の無添加出汁パックで、正しい味覚力を育て、笑顔溢れる食卓づくりに貢献していく。

DATA
所在地/〒812-0011 福岡市博多区博多駅前2-5-7-3F
TEL/092-415-5599
設立/2011年10月
資本金/500万円
事業内容/総菜店「クック・チャム」の展開事業、FC事業、総菜キットの製造・販売事業
従業員/430人
売上高/18億8,000万円(18年7月期)
拠点/(直営店)福岡県23店、佐賀県・大分県・熊本県に各店(FC店)福岡県1店、山口県3店、東京都5店、長崎県2店、九州キッチン(那珂川市)
関連会社/㈱クック・チャム、㈱九神ファームめむろ、㈱クックチャムマイシャンス(就労継続支援A型事業)

http://cookchumplusc.co.jp/

(ふくおか経済2018年11月号FACE)