COMPANY

地域と共に10周年
カエルホームのブランド定着へ

不動産、飲食、Web制作の3事業を展開し、昨年で設立10周年の節目を迎えた㈱FROG。主力の不動産事業では福岡市中央区大名に常設店舗「カエルホーム」を構え、今後も様々な事業戦略でブランドイメージを浸透させていく考えだ。

主力の不動産事業では幅広い分野に対応し安定成長

賃貸・売買など不動産のトータルサポートを行うカエルホームは徐々に福岡でブランドイメージが浸透しているのではないだろうか。賃貸物件の管理や仲介、不動産の売買、資産運用、開発を手掛け、賃貸では顧客のニーズに合った住まいやテナントを提案。また、不動産売買は、一戸建て・マンション・アパート・土地などの不動産を売却したいという「売り手」と不動産の購入を検討する「買い手」の要望を最大限に叶えられる提案はもちろん、資産運用に関するコンサルティング業務など幅広く手掛け、不動産に関わるすべての分野にワンストップで対応している。ここ数年の業績は安定しており、19年5月期売上高は前期比10%増の11億円を見込む。
同社は賃貸担当と連携し新規マンション開発なども手掛ける。2015年末に竣工した福岡市東区二又瀬の自社企画賃貸マンション「ラーナ.福岡東(全48戸)が4カ月で満室になったことは記憶に新しく、現在新たに郊外型マンションの開発を検討しているという。今後の事業拡大に向けて森園英知部長は「これまで不動産売買での収益が大きかったが今後は不動産の管理業に注力していく。地場の管理会社を業務提携やM&Aといったかたちで取り込んでいきたい」と意欲を見せる。
一方、ブランドイメージ定着に向けては今年3月から福岡ソフトバンクホークスとのオフィシャルスポンサー契約を結ぶなど余念がない。

リニューアルした「博多肉色」内観

福岡県産馬肉で差別化
中洲3丁目の店舗はリニューアル

馬肉といえば熊本が有名だが、同社では福岡県産馬肉を使用する。博多区中洲2丁目の「博多馬肉処ふろく本店」の野見山武晴店長は「お客さまに新鮮な馬肉を提供するために、全国の産地を回り行き着いたのが福岡県産馬肉。新鮮な馬肉を冷凍せずに鮮度を保ったまま仕入れている」と自信を見せる。店長熟練の技術と個性を生かし、その時の顧客の体調やモチベーションに合わせた創作料理でファンを増やし、今年で7周年を迎える。一方、2店舗目として中洲3丁目に出店した「ふろく多門通り店」では馬刺しをはじめ九州牛や豚、鳥などさまざまな肉料理に加え韓国創作料理も提供している。昨年8月に内装を一新し「博多肉色(はかたにくいろ)」としてリニューアル。カウンター4席と個室3部屋を設け、これまでよりもモダンで落ち着いた空間へと生まれ変わった。「肉を彩る」をコンセプトに料理の見た目でも楽しませてくれる同店は特別な人との記念日にもうってつけだ。
16年11月に中央区赤坂1丁目にオープンした新業態の焼肉店「焼肉 武田や」も忘れてはいけない。地下鉄赤坂駅から近く、大正通りを裏路地に1本入ったところにひっそりと佇む同店は完全個室しか設けておらず接待向け。また、7部屋をつなぐと最大40人まで対応できるため宴会でも利用されている。特選された佐賀牛を中心とする黒毛和牛を提供し、中でもバラのように盛り付けられた「特製肉ケーキ」は取引先の御祝い時などに度々注文が入る人気メニューだ。昨年5月に博多駅で開催された「A級グルメ大食覧会in JR博多シティ」にブース出展し多くの観光客が訪れたことからも手ごたえをつかんでいる。
会社として10周年の節目を迎え、武田社長は「当社が大切にしていることはお客さまとの絆。ここまで成長させてくれた全ての方への感謝の気持ちを胸に、今後も一人でも多くのお客さまの笑顔を生み出せる会社として地域と共に成長していく」と謙虚な姿勢をみせた。

 

採用情報
募集職種/不動産賃貸・売買担当スタッフ
応募資格/高卒以上
採用実績/2019年度1人
採用予定/2人
年間休日/112日
問合せ先/TEL.092-403-0269
担  当/採用係

(ふくおか経済EX2019年)


会社情報COMPANY PROFILE

会社名
(株)FROG (カ)フロッグ)
代表者名
武田 隆志
所在地
〒810-0041 福岡市中央区大名2-9-34 アクシブ天神ビル3F [MAP]
TEL
092-403-0269
企業ホームページ
https://fro9.jp/
設立
2008年2月
創業
資本金
330万円
従業員数
47人