COMPANY

設立5年、勢い増す精鋭司法書士集団福岡から全国へ躍進

今年5周年を迎えた司法書士法人オフィスワングループ。「next innovation 自分にしかない価値を生み出すこと」を理念に掲げ躍進する同グループは、福岡のみならず東京、大阪に拠点を出し、新しいアイディアのもと成長し続けるなど今勢いのある司法書士グループのひとつ。

組織力向上で、常識にとらわれないイノベーション発揮へ

今年3月に設立5周年を迎えた司法書士法人オフィスワングループ。島田雄左代表は中央大学商学部卒業後、大手通信会社代理店法人営業部に勤務。2012年に司法書士試験に合格し、23歳の若さで同事務所を開設した。これまで年間登記件数は3000件を超える。県外は東京都、大阪市に事務所を構えている。東京オフィスは案件増加にともなうスタッフ増員が続き、2月に拡張移転。今年は東京オフィスのさらなる成長にも力を入れる計画だという。従業員は昨年中途社員10人が加わり全体で30人になるなど、組織力も年々高まっている。昨年は全国でセミナーを100件以上開催。今年も不動産、金融、保険業を中心にセミナー依頼が増え続けており年々知名度も高まっている。同時に、常に価値を生み出すなど進化し続けている。

“無いなら創る”が心情のオフィスワングループ。スタッフ一人ひとりが0から1を生み出そうとするその姿勢にさまざまな業界から注目を集めている。

社内表彰を設けスタッフのモチベーションもアップ

財産承継制度「家族信託普及」へ昨年関連書籍を発行

同グループは現在、財産管理制度の「家族信託」や「事業承継」の普及に力を入れている。中でも「家族信託」は、島田代表が自身初の著書「家族信託の教科書」を16年2月に発行。事業、財産継承手段に役立つとして不動産、金融、保険業関係者に好評を博し、すでに第4刷・販売部数5000部を突破。今年夏には、株式信託・事業承継に触れた改訂版の発売を計画している。家族信託に関するセミナー依頼は福岡のみならず近年東京でも増えており、その関心が高まっている。

5000部を突破した「家族信託の教科書」

九州初の信託専門企業の設立準備へ死後事務委託サービスを開始

新たな取り組みとして、信託コンサルティング会社の設立を準備している。民事信託を扱うなかで受託者不在時やLGBT、障害を理由に保険の面や財産管理のインフラが作れないなどの社会的課題が見えたのがきっかけだという。実際に国内の信託会社、信託銀行で同様の案件を取り扱っている企業は少なく、また、九州・福岡ではそのような会社が支店以外1社も存在しないことに気づいた。そのような環境でこの問題を解決すべく、許可が降りる予定の2018年から新会社を運営する計画で、実現すれば九州初の信託専門企業が誕生する。また、その後についても第3者の目を入れることで依頼者から信頼を得るため、5年後をめどに新会社の上場を目指す。

その上で今年から、生前時の相続対策の一環で「おひとり様の遺品整理(死後事務委任契約)」を開始した。通常、死後の手続きは家族や親族が担うのが一般的だが、それらの役割を担う身寄りがいない場合、同グループが葬儀の手配や家の売却、解約の手続、遺品整理相談など約70種のサービスを実施。現在、死後事務委任契約の第一人者の行政書士吉村信一事務所などと提携しており、今後は葬儀会社などとの提携も視野に入れ、司法書士から見た資産活用方法の情報発信にも力を入れていく考えだ。

島田雄左 代表
しまだ・ゆうすけ/大野城市出身。1988年2月10日生まれの29歳。中央大学商学部卒。(一社)民事信託協会を設立し代表を務める

[CHECK]

島田代表の20代ラストイヤーの目標はIPOに向けての第一歩を切ること

(ふくおか経済EX 2017より)


会社情報COMPANY PROFILE

会社名
司法書士法人 オフィスワングループ (シホウ)オフィスワングループ)
代表者名
島田雄左
所在地
〒812-0011 福岡市博多区博多駅前1-1-1 博多新三井ビルディング8F [MAP]
TEL
092-432-9911
企業ホームページ
http://officeone-jp.com/
設立
2012年3月
創業
資本金
従業員数
30人