COMPANY

顧問先は約3000社、西日本最大級の士業グループ

西日本を中心に急速な成長を遂げるアップパートナーズグループ。“常にお客様のパートナーであり続ける”を基本姿勢に、企業の経営課題に対してあらゆる角度からアプローチし解決に導く。近年は、士業の枠を超えITの側面からもクライアントをフォローするなど一歩先を行くサービスが信頼・支持を集めている。

税理士・社労士業務を中心に企業の経営課題解決をワンストップで手掛けるアップパートナーズグループ。2つの会計事務所グループの経営統合により誕生し、その規模は西日本最大級となった。現在は福岡本部をはじめ、佐賀、長崎など北部九州を中心に7拠点を構える。
中小企業から上場企業まで幅広い業種の税務会計業務を手掛けており、顧問先は九州から関東まで約3000社。その中でもクリニックなどの医療機関が約900社と全体の3割を占め、福岡では7割の顧問先を医療機関が占める。理由について「税法、医療法、金融商品を駆使して徹底的に節税提案することや、売り上げ・患者数などのデータベース化と平均値の算出による改善プランまで提案する」と自信をのぞかせる。
菅代表は父の他界により入社間もない28歳で代表に就任。当時について「経営は右も左も分からず、信用がないため資金繰りに苦労した」と振り返る。その経験からキャッシュフローに特に力を入れており、一般的な決算書の作成や報告などの過去会計だけでなく、今後の利益予測とそこから導かれる資金を予測する“未来会計”を重要視。ほぼ全てのクライアントに専用ソフトを導入して徹底的に管理している。また、3000社の顧問先から金利状況を正確に把握できることで、銀行目線での評定付けや各銀行の格付まで提供し、銀行との契約見直しのアドバイスなど企業の業績向上に向けた支援体制づくりに余念がない。

昨年「佐賀中央オフィス」を開設し7拠点体制となった

さまざまな経営課題に対しワンストップでスピーディーに解決

「仕事をしていく中で、お客様からの要望が強いものを内省化した」と話すようにグループには、社労士法人やM&A仲介、ITコンサルティングなど6社を擁し、企業の経営課題に対して多方面から支援する。近年はIT関連が好調で、AIやRPAへの対応に関する問い合わせも増えているという。「中小企業はそもそも売り上げや在庫管理のシステムを導入していない場合も多い。また、導入していたとしても性能を生かしきれていないことや、内容別のパッケージソフトを利用していることから結局人の手を必要とするなど、企業の業務量や在庫量、人員に見合っていないことがよくある」と説明する。グループ内にSEが11人所属しており自社で設計できることから、そうした企業に対してオーダーメードのシステム設計で作業効率の向上や時間短縮につなげていく点も高く評価されている。

キーワードは“頑張り屋な人”

社風について「実力主義の給与形態のため、“頑張り屋”な社員が多い」と菅代表は話す。平均年齢は38歳と業界内ではかなり低く、離職率も3%以下という。普段から社員の業務量を把握し残業を減らすなどの取り組みはもちろんのこと、“オン・オフの切り替えが大事”との考えから、旅行休暇を取得する際には会社から補助が出るなど福利厚生面の充実で働きやすい環境を整える。
クライアントのみならず社員も大切にするアップパートナーズグループ。今後については「社員一人ひとりが目の前の課題をこなすことで、常に社員も会社も対前年比10パーセント以上成長できるグループであり続けたい」と将来を見据えた。

菅 拓摩 代表
すが・たくま/北九州市出身。1973年4月24日生まれの46歳。立命館大学大学院経営学研究科修了。趣味は水泳、カメラ、ゴルフ

 

採用情報
募集職種/税務・会計スタッフ
応募資格/高校、専門学校、大学卒
採用実績/2020年度4人
採用予定/5人 年間休日/125日
問合せ先/092-403-5544
担当/髙橋

(ふくおか経済EX2020年)


会社情報COMPANY PROFILE

会社名
アップパートナーズグループ (アップパートナーズグループ)
代表者名
菅拓摩
所在地
〒812-0013 福岡市博多区博多駅東2-6-1 九勧筑紫通ビル9階 [MAP]
TEL
092-403-5544
企業ホームページ
http://www.upp.or.jp/
設立
開業/1977年4月
創業
資本金
従業員数
320人