ふくおか経済
  サイトマップ
キーワード検索

 
HOME フォトレポート デジカメレポート ふく経ニュース ニュース投稿 元気な企業 企業リンク メルマガ登録 催事カレンダー お役立ち情報
戻る
ふくおか経済EX 2007
    “強いフクオカ”牽引する企業群   
■電力・製造  ■建設・不動産 
■情報通信・運輸  ■金融・リース・卸・小売  ■医療・福祉・教育  ■飲食店・宿泊・サービス 
飲食店・宿泊・サービス
 

 幅広いネットワークを駆使したノンアセット型3PLでの世界標準を追求
グローバルスタンダード株式会社
 福岡、大阪、東京…そして中国上海へ。日本国内はもちろん海外へも拠点を展開、国内外に多くのパートナー企業を持ち、そのネットワークを拡大し続けるグローバルスタンダード株式会社。荷主に対して幅広いネットワークを生かした物流改革を提案し、包括した物流業務と企業の流通機能全般を一括して請け負う3PL(サード・パーティ・ロジスティクス)。この3PLでの世界標準の追求をモットーに、マーケティングとロジスティクスを融合させることで、絶えず市場の動向を把握し、顧客ニーズの変化に迅速に対応していく「事業インフラプロバイダー」としてクライアント企業の成長を支えている。

(写真)博多区博多駅前2丁目の本社が入るビル外観
東京・大阪でのシェアを拡大
 入出庫管理や在庫管理に加え、労務管理、作業工程管理機能も提供し、入荷、検品、ピッキング、梱包、出荷といった各作業に必要な情報を一元的に管理することで、物流業務の効率化を果たす総合管理システム(WMS)。このシステムをNECエンジニアリング株式会社(東京都)と3PL用に共同開発したものを関東の3PLを専門とする物流企業に導入した。これまでも、関東の大手飲料メーカーであるS社などに導入してきたが、同業種企業への導入は初となり、高いコンサルティング能力が評価される形となった。また、06年7月に大塚製薬グループの大塚倉庫株式会社(大阪府)と開設した晴海FFC(フルフィルメントセンター・東京)では、冷蔵・冷凍・常温の3温度対応設備完備のうえ、加工を含め受注から集荷までの一括アウトソーシングを実現。販売在庫と物流在庫の一元化により、実在庫管理下での販売も可能にした。同センターでは、大塚倉庫株式会社が医薬品、飲料での培った輸配送管理で安心・安全な物流を提供し、インフラ、庫内作業、輸配送を手掛け、同社が企画・コンサルティングを実施している。これら豊富なツールを備えたことで「通販事業開始・拡大のためのワンストップソリューション」として注目を集めるとともに、食品企業の管理センターとしても多くの受注を受けている。さらに、都築電気株式会社(東京)と開発している労務管理システムを国内でも上位の大手食品企業へ導入予定など関東で確固たる実績を築きあげている。関西でも大手飲料品メーカーC社から3PLによる管理の受注を受けており、新センターも設置するなど、関西でのシェアも順調に拡大中だ。

(写真右上)関西の新センター外観
(写真右下)コールセンターなどのオペレーションシステムが導入されている晴海FFC(フルフィルメントセンター)

関連会社設立と上海事務所開設
 3月には静岡市の株式会社丸玄工芸、韓国企業の瑛林企業、中国で店舗を展開している北京明日香工芸とともに、関連会社として楼ジャパン株式会社を設立。インターネットモールでの風水・占い・魔除け関連の中国アクセサリーやインテリア雑貨、水晶などを販売していく。8月には上海事務所を開設予定で、中国・東南アジア諸国に約40社ある提携先企業とのネットワークを生かしながら、本格的な3PLを普及させていくほか海外からの人材派遣も手掛ける計画だ。「中国企業向けに形だけのコンサルティングをしている企業はたくさんあるが、完全なコンサルティングをしている企業は少ない。企業全体をカバーするコンサルティングを展開していきたい」と意気込みを語る。

(写真)新会社での北京での店鋪
パートナー提携で全国ネットワークを強化
 個々の事業を連携させる事業プラットホームスタイルを形成している同社。全体にシナジー効果を生み出すとともに、個々の専門性アップにも力を注ぐことで、様々な顧客ニーズに対応したビジネスプランを提供し続けている。「今後は運営能力が高く、独自のネットワークを持つ企業とパートナーシップを組んでいく。また、ITを差別化するための機能として、労務管理システムの開発・導入を素早く進めていきたい」と熱い想いを語る樋口社長。その目には、世界をつなぐネットワークを構築した同社の未来像が映っている。

(写真)樋口 純二(ひぐち・じゅんじ)社長。福岡市出身 1957年7月10日生まれの49歳 ワールド・ロジ株式会社にてアスクル株式会社や株式会社はせがわの3PL(サード・パーティ・ロジスティクス)によるコンサルティングを手掛け、取締役を経て05年に同社を設立し、社長に就任 九州での3PL浸透に尽力している

 企業DATA
[所在地] 〒812-0011 福岡市博多区博多駅前2-17-19安田第5ビル7F
[TEL] 092-418-2180
[FAX] 092-418-2185
[資本金] 5500万円
[設立] 2005年2月
[事業内容] ロジスティクスに関するコンサルティング及び運営受託・輸配送マネジメントサービス、ソフトウェア業、通関業、海外ビジネスマネジメント、ライセンスコンサルティング、労働者派遣業ほか
[代表者] 樋口 純二(ひぐち・じゅんじ)
[従業員] 17人
[URL] http://www.global-standard.net/ 晴海FFC:http://www.b2c-win.com
[関連企業] 大塚製薬グループ

[採用情報]
●募集要項:物流コンサルタント、ITシステムエンジニア、海外物流業務、物流センター長に準じる職種経験者、仕事内容物流業務分析、診断及び指導、現場調査に基づく物流戦略の企画立案・システム開発など、ノンアセット型3PLの物流コンサル業、物流業務分析、診断及び指導、現場調査に基づく物流戦略の企画立案・システム開発、新規開拓営業、提案営業、海外物流業務
●応募資格:高卒以上、年齢25歳以上〜35歳位迄の方、及び新卒者(物流業界経験者の方優遇)
会社案内 | 採用情報 | 購読申込 | 広告申込 | お知らせ | お問合せ
Copyright (C) 2005 fukuoka keizai. All rights reserved.